基本5. ページ編集

サイトを表示してみて下さい。
最初は以下の内容が表示されると思います。
サンプルページをクリックしてみてください。

 

どちらかの赤枠をクリックすると編集画面です。

 

下図のようになりましたかぁ?
右上赤枠のボタンで表示項目が開きます。
ビジュアルエディターになっているか確認してください。
水色の枠は、マウスオンで表示されます。枠のそれぞれが1つのブロックです。

 

本文を変更

「これはサンプルページです。」で始まる最初のブロックの文章を書き換えてみました。

 

スタイルを変更

引用のブロックです。
図上のように[スタイル]をクリックすると文字サイズが選べます。
※大にするとかなり大きな文字サイズになり、実用的では有りませんが、練習なのでクリックしてみましょう。

 

プレビュー

変更点を確認したい場合は、プレビューですが、更新(または、下書きとして保存)してからでないとプレビューできません。

 

ブロックを削除

どのブロックも共通ですが、詳細設定ボタンで小窓が開くので、不要なブロックは[ブロックを削除]で削除できます。

 

見出しを作成

一旦全部のブロックを削除して新しいブロックを出しました。
図上のように普通に文字を入力すると段落(本文)になります。見出しを入れてみましょう。
赤枠の[T]をクリックすると図下の表示になります。
見出しはテーマによって違いますが、最大H1〜H6まで使用出来ます。本文中で使用するのはH2〜H4が多いです。数字が小さい方が大きな見出しです。H2を選択して見出しを作成しました。
終了したらエンターキーまたはリターンキーを押します。

 

次のブロック

見出し2が表示されました。
黄色枠で次のブロックの準備ができています。

 

本文を入力

本文入力欄をクリックすると以下のようになります。
自由に本文を入れてみましょう。
終了したらエンターキーまたはリターンキーを押します。

 

画像の追加

見出しに続いて本文が表示されています。
次のブロックでは、画像の追加ボタンを押してみます。

 

画像をドラッグ

初めての画像を使う場合は、画像のアイコンを図のようにドラッグするのが楽です。
アップロード済みの場合は、メディアライブラリから選択します。
終了したらエンターキーまたはリターンキーを押します。

 

ドラッグ後の画面

編集画面が下図のようになります。

 

プレビュー

プレビューしてみたのが下図です。

 


どうですかぁ?
ページの編集自体はとても簡単ですよね。
 

サンプルページを非公開

編集画面に戻ってください。
本番環境のサイトの場合も踏まえて、このサンプルページは練習用に『非公開』に設定してみましょう。
(1)公開をクリックして開いた小窓の(2)非公開をクリックします。(3)OK をクリックです。

 
固定ページで紹介しましたが、投稿ページもページの作成は同じです。

次のブロックに行く場合は、エンターキーまたはリターンキーですが、その場合、行間が気になる場合は、メモ帳やテキストエディット等で作成した文章をコピペで入れると上手くいきます。

黄色マーカーがブロックで改行した場合で、ブロック4が改行して作成した文章をコピペで入れた場合です。