実用3. reCAPTCHA v3

※WordPress 5.0 仕様の Contact Form 7 では、バージョンが v3 のみに変更になりました。

以下は前項のメールフォーム『Contact Form 7』の説明文の一部です。

Contact Form 7 は Akismet によるスパムフィルタリングをサポート。賢い reCAPTCHA はうっとうしいスパムボットをブロックしてくれます。

とあります。『Contact Form 7』を利用するなら『reCAPTCHA』も合わせて使った方がいいですね。

Contact Form 7 日本語マニュアル『reCAPTCHA』
※Googleアカウントを用意しておきます。

 

reCAPTCHA 管理ページ

reCAPTCHA 管理ページ
クリックすると別ページ(タブ)でGoogleの管理ページが開きます。
Googleアカウントにログインして利用します。

 

reCAPTCHA ログイン後

わたしは作成してしまっているのでこんな感じですが、赤枠のをクリックして下さい。

 

新しいサイトを登録する

『ラベル』:自分でわかりやすい半角英数字の名前を付けます。(『ドメイン』と同じでも構いません。)
『reCAPTCHA タイプ』:[reCAPTCHA v3]を選択します。
『ドメイン』: ドメイン名(サイトURLの『http(s)://』を抜いたもの) を入れます。
『reCAPTCHA 利用条件に同意する』と『アラートをオーナーに送信する』に[✓]を入れて、送信をクリックします。

 

設定をクリック

緑枠に登録したラベルが表示されています。(複数のラベルから選択する場合もこの緑枠をクリックです。)
赤枠の歯車(設定のボタン)をクリックします。

 

設定画面

緑枠の『reCAPTCHA のキー』をクリックすると、図のようにキーが表示されます。
必要なのは赤下線の2つのキーだけです。
赤枠のキーをコピーをクリックでキーの文字列がコピーされるので2つのキーをメモ帳にでもコピペしておきます。

ドメインがexample.comの場合、サブドメイン:subdomain.example.com も同じキーを使用できます。
稀有な例だと思いますが、ドメイン:example.comで、サブドメイン:subdomain.example.com を別サイトとして切り離して利用している場合は、別サイトのGoogleアカウントで subdomain.example.com のキーを取得することも出来ます。

 

reCAPTCHA 使用例

整体師の山川先生のご教授です。
reCAPTCHA v3の表示をお問い合わせページのみにする方法

 
下がサンプル画像です。

 

Invisible reCaptcha

プラグイン:「Invisible reCaptcha for WordPress」を使います。
プラグインのアップロードでキーワードにInvisible reCaptcha for WordPressを入れて、完全一致のプラグインを今すぐインストールして、有効化します。

 

Invisible reCaptcha 設定

「ダッシュボード>設定>Invisible reCaptcha」をクリックします。

 

Settings>Settings

サイトキーとシークレットキーを入力。
Language:Japanease、Badge Position:Inline、Badge Custom CSS:入力後、変更を保存します。

 
Badge Custom CSS:

.grecaptcha-badge {
display: block;
margin-bottom: 20px;
}

 

Settings>WordPress

コメントはAkismetと重複するので、それ以外にして、変更を保存します。

 

Settings>Contact Forms

Contact Form 7 にして、変更を保存します。

 
以上で終了です。
これによって、メールフォームとWordPressのログイン画面に『reCaptcha』が表示されます。